Keiichi Yasu on the web


Google Scholar My Citations

CiNii: 安啓一

研究業績・特許・受賞歴・外部資金獲得状況 一覧

安 啓一 (2016/12/28 現在)


〔著書 計 1 件〕
1. 安啓一: 音響用語キーワードブック. 日本音響学会 編. コロナ社(東京). 2016. pp. 314-315 “聴覚フィルタ”を分担執筆

〔学術雑誌等に掲載された査読付き論文 計 13 件〕
2. K. Yasu, T. Arai, T. Endoh, K. Kobayashi and M. Shindo, “Relationship between broadening of auditory filter bandwidth near 2 kHz and speech discrimination/identification of monosyllables /de/ and /ge/ by Japanese young and elderly listeners,” Acoustical Science and Technology, 36(1): 35-38, 2015.
3. 安啓一, 荒井隆行, 小林敬, 進藤美津子, “高齢者における聴覚特性の劣化と無声摩擦音・破擦音の識別との関係,” 日本音響学会誌, 68(10):501–512, 2012. 
4. K. Yasu, M. Hishitani, T. Arai and Y. Murahara, “Critical-band based frequency compression for digital hearing aids,” Acoustical Science and Technology, 25(1):61–63, 2004.
5. 三戸武大, 荒井隆行, 安啓一, “サウンドマスキングシステムにおけるデータベースを用いた音声マスカー作成法の提案,” 日本音響学会誌, 71(8), 382-389, 2015.
6. 川田拓明, 荒井隆行, 安啓一, 小林敬, 進藤美津子, “高齢者における日本語摩擦音の促音の知覚 ―聴覚特性の劣化との関係―,”日本音響学会誌, 71(12), 653-660, 2015.
7. T. Iwanami, T. Arai, K. Yasu, and K. Tomaru, “Efficiency of sound masking system on elderly people with degraded auditory properties,” Acoustical Science and Technology, 35(5): 275-278, 2014.
8. K. Kurisu, S. Nakamura, K. Yasu, T. Arai, “Signal to overlap-masking ratio of the broadcasted speech and its listening difficulty: An application for an evaluation tool of sound system tuning,” Acoustical Science and Technology, 34(5): 354−355, 2013.
9. 辻美咲, 荒井隆行, 安啓一,“残響環境における音声明瞭度改善を目的とした子音強調・母音抑圧による前処理,”日本音響学会誌, 69(4), 179–183, 2012.
10. Y. Matsukaze, T. Arai and K. Yasu, “Evaluation of speech naturalness with steady-state zero padding for improving intelligibility in reverberant environments,” Acoustical Science and Technology, 33(6):370–371, 2012.
11. T. Arai, N. Hodoshima and K. Yasu, “Using Steady-state Suppression to Improve Speech Intelligibility in Reverberant Environments for Elderly Listeners,” IEEE Tarns. on Audio, Speech and Language Processing, 2010.
12. 小林敬, 安啓一, 程島奈緒, 荒井隆行, 進藤美津子, “母音のエネルギ定常部の抑圧による高齢者に対する音節強調の検討,” 日本音響学会誌, 64(5):278–289, 2008.
13. N. Hodoshima, Y. Miyauchi, K. Yasu and T. Arai, “Steady-state suppression for improving syllable identification in reverberant environments: A case study in an elderly person,” Acoustical Science and Technology, 28(1):53–55, 2007.
14. T. Arai, K. Yasu and T. Goto, “Digital pattern playback: Converting spectrograms to sound for educational purposes,” Acoustical Science and Technology, 27(6):393–395, 2006.

〔査読付き論文をともなう国際会議 計 7 件〕
15. K. Yasu, T. Arai, K. Kobayashi and M. Shindo, “Weighting of acoustic cues shifts to frication duration in identification of fricatives/affricates when auditory properties are degraded due to aging,” In Proc. of the Interspeech, 3152−3156, Lyon, 2013.
16. K. Yasu, T. Arai, K. Kobayashi and M. Shindo, “Perceiving continuum of voiceless affricate/fricative by changing rise time of consonant for elderly and younger participants,” The Japan-China Joint Conference of Acoustics, 2007.
17. K. Takahashi, K. Yasu, N. Hodoshima, T. Arai and K. Kurisu, “Enhancing speech in reverberation by steady-state suppression”, 19th International Congress on acoustics Madrid, 2-7 SEPTEMBER, 2007.
18. Y. Miyauchi, N. Hodoshima, K. Yasu, N. Hayashi, T. Arai and M. Shindo, “A Preprocessing technique for improving speech intelligibility in reverberant environments: The effect of steady-state suppression on elderly people,” In Proc. of the Interspeech, Lisbon, 2005.
19. T. Arai, K. Yasu and N. Hodoshima, “Effective speech processing for vari- ous impaired listeners,”In Proc. of the International Congress on Acoustics, II:1389–1392, Kyoto, 2004. (招待論文)
20. K. Yasu, K. Kobayashi, K. Shinohara, M. Hishitani, T. Arai and Y. Murahara, “Critical-band compression method for digital hearing aids,” In Proc. of the Forum Acusticum, 2002.
21. K. Yasu, K. Kobayashi, K. Shinohara, M. Hishitani, T. Arai and Y. Murahara, “Frequency compression of critical band for digital hearing aids,” In Proc. of China-Japan Joint Conference on Acoustics, 159–162, 2002.

〔学位論文 計 2 件〕
22. 安啓一, 加齢による聴覚特性の劣化が摩擦音・破擦音の識別に及ぼす影響, 上智大学大学院理工学研究科理工学先攻情報学領域, 博士論文, 2013-3-21
23. 安啓一, 聴覚フィルタの広がりを考慮に入れた音声処理とリアルタイム化への検討, 上智大学大学院理工学研究科電気・電子工学 専攻, 修士論文 2004-3-31

〔その他の学会発表等(国外) 計 10 件〕
24. K. Yasu,, A Rongna, K. Mori and N. Sakai, “Fractional anisotropy decreases at extended segments in the left arcuate fasciculus in people who stutter,” In Proc. of the Neuroscience 2016, San Diego, 363.08, LLL53, Nov. 2016.
25. K. Yasu,, T. Arai, K. Kobayashi, M. Shindo, “Relationship between auditory degradation and fricatives/affricates production and perception in elderly listeners, the Journal of the Acoustical Society of America 140 (4), 3365-3365, 2016, (Invited Talk).
26. A Rongna, K. Ochi, K. Yasu,, N. Sakai, K. Mori, “Articulation rates of people who do and do not stutter during oral reading and speech shadowing,” The Journal of the Acoustical Society of America 140 (4), 3440-3440 2016.
27. E. Iwagami, T Arai, K. Yasu,, E. Yanagisawa, K. Kobayashi, “Perception of geminate consonants and devoiced vowels in Japanese by elderly and young listeners,” The Journal of the Acoustical Society of America 140 (4), 3439-3439 2016.
28. T. Arai, K. Amino, M. Sonu, K. Yasu, T. Igeta, K. Tomaru and M. Kasuya, “Hands-on Speech Science Exhibition for Children at a Science Museum,” In Proc. of Third Workshop on Child, Computer and Interaction, 2012.
29. K. Yasu H. Ishida, R. Takahashi, T. Arai, K. Kobayashi and M. Shindo, “Critical-band compression method of speech enhancement for elderly people: Investigation of syllable and word intelligibility.,” Acoustics’08, Paris, 2008.
30. A. Iida, S. Kajima, K. Yasu, J. M. Kominek, Y. Aikawa and T. Arai, “Developing a bilingual communication aid for a Japanese ALS patient using voice conversion technique, ”July, 2008, Paris.
31. A. Iida, S. Kajima, K. Yasu T. Arai, T. Sugawara, “ Building an English speech synthetic voice using a voice transformation model from a Japanese male voice, ”J. Acoust. Soc. Am., 120:3036–3037, 2006.
32. K. Yasu, K. Kobayashi, T. Arai, “ The modification of critical-band based frequency compression using cepstral analysis, ” Handbook of the International Hearing Aid Research Conference (IHCON), Lake Tahoe, 2004. (Student Scholarship 受賞)
33. M. Hishitani, K. Kobayashi, K. Shinohara, K. Yasu and T. Arai,“Compressing critical bands for digital hearing aids, ” Handbook of the International Hearing Aid Research Conference (IHCON), 64–65, 2002. (Student Scholarship 受賞)

〔その他の学会発表等(国内) 計 73 件〕
34. 安啓一, 阿栄娜, 森浩一, 酒井奈緒美, 日本語を母語とする吃音者における白質の異方性比率低下, 第4回吃音・流暢性障害学会研究発表抄録集, Sep. 2016.
35. 岩上恵梨,荒井隆行,安啓一,柳澤絵美,小林敬, “高齢者および若年健聴者による日本語促音の知覚,” 日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 605-608, Sep. 2016.
36. 阿栄娜, 越智景子, 安啓一,森浩一, “吃音者と非吃音者の構音速度の比較,” 日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 605-608, Sep. 2016.
37. 阿栄娜, 酒井奈緒美, 安啓一, 森浩一, “在宅シャドーイング訓練により顕著な改善が見られた成人吃音の1例,” 第61回日本音声言語医学会講演論文集, 85, Nov. 2016
38. 荒井隆行, 大田敦也, 安啓一, “ロングパスエコーによるオーバーラップマスキングと発話速度の関係,” 日本音響学会春季研究発表会講演論文集, Mar. 2016.
39. 安啓一, 阿栄娜, 森浩一, 酒井奈緒美, “合成音声を用いた開ループによる構音フィードバックの吃音者での応答,” 第60回日本音声言語医学会講演論文集, 71, Oct. 2015
40. 安啓一, 阿栄娜, 森浩一, “合成音による疑似聴覚フィードバック応答のピーク潜時と利得の関係,” 日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 349-350, Sep. 2015.
41. 吉岡麻里子,荒井隆行,安啓一,大月春花, “発話者自身のモーラ音声に基づくテキスト音声合成における検討―音声の基本周波数やスペクトル特性に関して―,” 日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 1239-1242, Sep. 2015.
42. 川田拓明, 荒井隆行, 柳澤絵美, 安啓一, “聴覚特性の劣化した高齢者における無声破擦音の促音の知覚, ” 日本音響学会春季研究発表会講演論文集, Mar. 2015.
43. 安啓一, 荒井隆行, 小林敬, 進藤美津子, “高齢者を対象とした口腔閉鎖の解放による破裂を伴う子音の識別実験~補充現象の有無との関係~,” 日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 511-514, Sep. 2014.
44. 安啓一, 荒井隆行, 小林敬, 進藤美津子, “高齢者における聴覚特性と摩擦音・破擦音の生成・知覚の関係,” 日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 1595-1598, Sep. 2014.
45. 栗栖清浩, 川島佑亮, 安啓一, 荒井隆行, “音声認識技術を用いた明瞭性評価の試み-屋外拡声音の「聴き取りにくさ」とJulius尤度の関係-,” 日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 1087-1088, Sep. 2014.
46. 川本啓輝, 荒井隆行, 網野加苗, 安啓一, “感情が聴取による話者認識に及ぼす影響 -聴取結果の考察ならびに韻律的特徴との比較-,” 日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 211-214, Sep. 2014.
47. 澤井駿, 荒井隆行, 安啓一, “母音部または子音部に対して選択的にエネルギーマスキングを施した音声の単語了解度,” 日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 317-320, Sep. 2014.
48. 大田敦也, 荒井隆行, 安啓一, “屋外拡声を想定した音声の発話速度が単語了解度に及ぼす影響,” 日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 183-186, Sep. 2014.
49. 安啓一, 荒井隆行, 小林敬, 進藤美津子, “破擦音生成時の解放に伴う破裂が摩擦音・破擦音識別に与える影響〜若年者と高齢者の比較〜,”日本音響学会春季研究発表会講演論文集, pp. 1491–1494, Mar. 2014.
50. 織田千尋, 山本敏之, 村田美穂, 佐藤弥生, 安啓一, 荒井隆行, “遅延聴覚フィードバック法の臨床への応用 −実験室から日常生活へ−,” 日本音響学会春季研究発表会講演論文集, pp. 1467-1468, Mar. 2014.
51. 織田千尋, 山本敏之, 佐藤弥生, 山崎寛之, 安啓一, 荒井隆行, 村田美穂, 小林庸子, “運動低下性構音障害を伴うパーキンソン症候群患者への遅延聴覚フィードバック空間の構築とその効果,” 第7回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス, 2013.
52. 川田拓明, 荒井隆行, 安啓一, 小林敬, 進藤美津子, “聴覚特性の劣化した高齢者における無声摩擦音の促音の知覚 -時間分解能の低下による影響-,”日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 1381-1384, Sep. 2013.
53. 佐藤弥生, 荒井隆行, 安啓一, 織田千尋, 山本敏之, “高齢者を対象にしたdelayed auditory feedbackのための音場空間の構築,” 日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 405-408, Sep. 2013.
54. 鈴木舞, 金子菜摘, 荒井隆行, 安啓一, “高齢者を対象とした残響環境下での音声明瞭度改善 -高域強調処理による検討-,” 日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 409-412, Sep. 2013.
55. 金子菜摘,鈴木舞,荒井隆行,安啓一, “高齢者を対象とした残響下での音声明瞭度改善-子音強調・母音抑圧処理による検討-,” 日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 413-416, Sep. 2013.
56. 栗栖清浩, 中村進, 安啓一, 荒井隆行, “アナウンス音声から導出した物理量と「聴き取りにくさ」の関係-明瞭性の評価は音声そのものを評価すべきではないか?, ”日本音響学会建築音響研究会資料, AA2013-36, pp. 1-8, Aug. 2013.
57. 栗栖清浩, 安啓一, 荒井隆行, 中村進, “音声の変動量と「聴き取りにくさ」について ―残響環境下での様々なアナウンスの評価―, ”日本音響学会春季研究発表会講演論文集, pp. 1229-1230, Mar. 2013.
58. 中村進, 栗栖清浩, 安啓一, 荒井隆行, “音声の変動量と「聴き取りにくさ」について ―残響環境下での高親密度単語の評価―, ”日本音響学会春季研究発表会講演論文集, pp. 1231-1232, Mar. 2013.
59. 安啓一, 荒井隆行, 小林敬, 進藤美津子, “高齢者における無声摩擦音・破擦音識別結果の予測について ―聴覚特性劣化起因の異聴に対する予測結果の妥当性の検討―,”日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 503–506, Sep. 2012.
60. 栗栖清浩, 中村進, 安啓一, 荒井隆行, “様々な音声アナウンスのSORと「聴き取りにくさ」の関係について, ”日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 1251–1252, Sep. 2012.
61. 三戸武大, 荒井隆行, 安啓一, “サウンドマスキングシステムにおけるデータベースを用いたマスカー作成法の提案, ”日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 1243–1246, Sep. 2012.
62. 岩波達也, 荒井隆行, 安啓一, “サウンドマスキングシステムにおける音声マスカーで使用する語彙の選定法による影響, ”日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 1247–1250, Sep. 2012.
63. 川島佑亮, 荒井隆行, 安啓一, “拡声音に対する零挿入による残響環境下での音声明瞭度改善の試み, ”日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 831–834, Sep. 2012.
64. 中村進, 栗栖清浩, 安啓一, 荒井隆行, “拡声音のオーバラップマスキング量 SOR と「聴き取りにくさ」の関係 —発声系(歪み・話速)と伝送系が変化する事例—, ”日本音響学会春季研究発表会講演論文集, pp. 1227–1228, Mar. 2012.
65. 栗栖清浩, 中村進, 安啓一, 荒井隆行, “拡声音のオーバラップマスキング 量 SOR と「聴き取りにくさ」の関係 —拡声システムの調整結果を評価する ツールへの応用―, ”日本音響学会春季研究発表会講演論文集, pp. 1225–1226, Mar. 2012.
66. 安啓一, 荒井隆行, 小林敬, 進藤美津子, 山崎寛之, “加齢に伴う無声摩擦音・ 破擦音識別に対する cue trading における重みの変化 ―子音の立ち上がり時間と先行する無音区間長に着目して―, ”日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 549–552, Sep. 2011.(日本音響学会粟屋潔学術奨励賞受賞)
67. 安啓一, 荒井隆行, 小林敬,進藤美津子,“語頭の無声摩擦音・破擦音識別に おける cue trading ―摩擦部の持続時間と振幅に着目してー, ”日本音声学会全国大会予稿集, pp. 109–114, Sep. 2011. (日本音声学会優秀発表賞受賞)
68. 安啓一, 山崎寛之, 荒井隆行, 小林敬, 進藤美津子, “若年健聴者を対象とした語頭および語中の無声摩擦音・破擦音連続体の識別実験―高齢者による識 別実験との比較―, ”日本音響学会春季研究発表会講演論文集, pp. 1613–1616, Mar. 2011.
69. 栗栖清浩, 中村進, 安啓一, 荒井隆行, ”拡声音声を用いて測定した物理量 SOR と「聴きとりにくさ」の関係―拡声システムの調整結果を評価するツー ルとして―, ” 日本音響学会建築音響研究会資料, AA2011-47, pp. 1–9, Dec. 2011.
70. 遠藤辰徳, 荒井隆行, 安啓一, 小林敬, 進藤美津子, “2kHz付近の聴覚フィルタ帯域幅の広がりと単音節/de/, /ge/の弁別・識別との関係 ―若年者と高齢者との比較―, ” 日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 565–566, Sep. 2011.
71. 武田昌也, 荒井隆行, 網谷智博, 栗栖清浩, 安啓一, “簡易式定常部抑圧処理による残響環境下の音声明瞭性,”日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 399–402, Sep. 2011.
72. 安啓一, 荒井隆行, 小林敬, 進藤美津子, ”高齢者の聴覚特性の劣化が無声摩擦音・破擦音連続体の弁別および識別に及ぼす影響,” 日本音響学会秋季研 究発表会講演論文集, 497–500, 2010. 
(日本音響学会学生優秀発表賞受賞)
73. 遠藤辰徳, 荒井隆行, 安啓一, 小林敬, 進藤美津子, “ 聴覚フィルタ帯域幅の広 かりと音声の弁別・識別との関係 ―2 kHz 付近の第 2 フォルマントに着目して―, ”日本音響学会春季研究発表会講演論文集, 493–496, 2010.
74. 安啓一, 荒井隆行, 小林敬, 進藤美津子, ”高齢者を対象とした無声摩擦音・破擦音連続体の識別実験―若年者の実験結果との比較―,” 日本音響学会春季研究発表会講演論文集, 1365–1368, 2010.
75. 安啓一, 荒井隆行, 小林敬, 進藤美津子, ”若年健聴者を対象とした模擬難聴下での無声摩擦音・破擦音連続体の同定実験,” 日本音響学会秋季研究発表会講 演論文集, 1365–1368, 2009.
76. 程島奈緒, 増田斐那子, 安啓一, 荒井隆行,“雑音・残響下における科学技術英語の学習教材の開発,” 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 109(10), 1–6, 2009.04.
77. 高橋亮介, 荒井隆行, 安啓一, 小林敬, 進藤 美津子, “破裂音のフォルマント遷移部伸長処理の評価 -若年健聴者による模擬難聴下での実験-,” 日本音響学 会秋季研究発表会講演論文集, 593–596, 2009.
78. 中嶋雄大, 荒井隆行, 安啓一, “実時間処理を考慮に入れたサウンドマスキングシステムのためのマスカーの評価,” 日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, 1145–1148, 2009.
79. 篠田貴彦, 荒井隆行, 安啓一, 廣實真弓, “音声の音圧レベル測定・録音システムを用いた若年健常話者の声量について,” 日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, 435–438, 2009.
80. 篠田貴彦, 荒井隆行, 安啓一, 廣實真弓, “発声訓練における音声の音圧レベル測定・録音システムの試作,” 日本音響学会 2009 年春季研究発表会講演論文集, 2009.
81. 高橋慶, 安啓一, 程島奈緒, 荒井隆行, 網谷智博, 栗栖清浩,“残響環境下における音声明瞭度改善のための前処理 ―DSP を用いた簡易版定常部抑圧処理の実装―,”日本音響学会春季研究発表会講演論文集, 865–867, 2008.
82. 加島慎平, 飯田朱美, 安啓一, 相川恭寛, 荒井隆行, 菅原勉,“ 発話の困難な障害 者のための声質変換・HMM 音声合成を用いた日英音声合成システムの構築,”情報処理学会研究報告, SLP, 音声言語情報処理, IPSJ SIG Notes 2008(12), 121–126, 2008.
83. 加島慎平, 飯田朱美, 安啓一, 荒井隆行, “日本人 ALS 患者のための日英バイリンガル音声合成システムの構築,” 電子情報通信学会技術報告, WIT2007-36, 107(368), 23–28, 2007.
84. 安啓一, 小林敬, 荒井隆行, 進藤美津子, “高齢者・若年者による無声摩擦・破擦子音の知覚 ―聴力型・継時マスキングの影響―, ” 日本音響学会秋季研究発 表会講演論文集, 589–590, 2007.
85. 加島慎平, 飯田朱美, 安啓一, 荒井隆行, 菅原勉, “声質変換機能を用いた日本語話者のための英語合成音声の了解度評価,” 日本音響学会春季研究発表会講 演論文集, 271–272, 2007.
86. 加島慎平, 飯田朱美, 安啓一, 荒井隆行, 菅原勉, “声質変換技術を用いた日本語話者のための英語音声合成システムの構築,”日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, 251–252, 2006.
87. K. Takahashi, T. Goto, F. Tadokoro, K. Yasu, T. Arai, ”Implementation of steady-state suppression using a digital signal processor for real-time processing: Evaluation of the processing in an actual hall,” 電子情報通信学会技術報告, SP2005-167, 25–30, 2006.
88. K. Kobayashi, Y. Hatta, K. Yasu, S. Minamihata, N. Hodoshima, T. Arai and M. Shindo,” Improving Speech Intelligibility for Elderly Listeners by Steady-State Suppression,”電子情報通信学会技術報告, SP2005-168, 31–36, 2006.
89. S. Kajima, O. Takeshita, K. Yasu, T. Arai, A. Iida, “Study on noise reduction of ventilator noise in recorded speech signals,”電子情報通信学会技術報告, SP2005-171, 59–54, 2006.
90. S. Minamihata, K. Yasu, K. Kobayashi, T. Arai, M. Shindo, ”Speech pro- cessing for hearing-impaired listeners considering threshold elevation in the critical band with an expanded auditory filter,” 電子情報通信学会技術報告, SP2005-172, 55–60, 2006.
91. J. Iwasaki, R. Kataoka, Y. Yamashita, R. Kasuga, K. Yasu, T. Arai and S. Shintani, “Investigation of the movement in velopharyngeal closure during speech production using 4D–MRI-Examination of the relationship between the patterns of the velopharyngeal closure and the movement of the Levator Veli Palatini Muscle,” IPSJ SIG Technical Reports, 136, 49–54, 2006.
92. 安啓一, 荒井隆行, 進藤美津子, “聴覚フィルタの広がりの補償を目的とした臨界帯域圧縮処理の模擬難聴環境下での評価,” 電子情報通信学会技術報告, SP2005-184, 1–4, 2006.
93. 安啓一, 小林敬, 荒井隆行, 八田ゆかり, 南畑伸至, 進藤美津子, “高齢者による無声摩擦・破擦子音の知覚―子音の立ち上がり時間の変化に対する影響―,” 日本音響学会春季研究発表会講演論文集, 487–488, 2006.
94. 平井沢子, 安啓一, 荒井隆行, 飯高京子, “日本語母語話者の摩擦音知覚の音響的手がかりについて,” 音声言語医学, 47, 75, 2006.
95. K. Ohta, T. Arai, K. Yasu, “The Implementation of Digital Pattern Playback on DSP,” DSPS Educators conference, 2006.
96. 安啓一, 小林敬, 荒井隆行, 進藤美津子, “臨界帯域中央に制限された雑音による駆動音声の聴覚障害者による評価,” 日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, 517–518, 2005.
97. 荒井隆行, 安啓一, 後藤崇公, “ディジタル・パターン・プレイバック,” 日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, 429–430, 2005.
98. 後藤崇公, 荒井隆行, 安啓一, “定常部抑圧処理のリアルタイム化にむけて―DSP による開発―,” DSPS 教育者会議予稿集, 91–94, 2005.
99. 安啓一, 宮内裕介, 程島奈緒, 林奈帆子, 井上豪, 荒井隆行, 進藤美津子, “高齢者を対象とした残響環境下における音声定常部抑圧処理の評価実験,” 電子情報通信学会技術研究報告, 104(695):1–6, 2005.
100. 小林敬, 八田ゆかり, 安啓一, 程島奈緒, 荒井隆行, 進藤美津子, “高齢者を対象にした定常部抑圧処理による単音節強調処理の検討,” 電子情報通信学会技術研究報告, 104(695):7–12, 2005.
101. 平井沢子, 安啓一, 荒井隆行, 飯高京子, “日本語母語話者の摩擦音知覚における音響的手がかりについて,” 電子情報通信学会技術研究報告, 104(696):25–30, 2005.
102. 宮内裕介, 程島奈緒, 安啓一, 林奈帆子, 井上豪, 荒井隆行, 進藤美津子, “残響環境における音声明瞭度の改善のための前処理: 高齢者を対象とした音声定常部抑圧処理の効果,” 日本音響学会春季研究発表会講演論文集, 1:319–320, 2005.
103. 小林敬, 八田ゆかり, 安啓一, 程島奈緒, 荒井隆行, 進藤美津子, “定常部抑圧による単音節の子音強調と高齢者への実験,”日本音響学会春季研究発表会講演論文集, 1:321–322, 2005.
104. 安啓一, 安田美由紀, 荒井隆行, 村原雄二, 菱谷誠人, “聴覚フィルタの広がりを考慮した臨界帯域圧縮法の有効性: 重度の聴覚障碍者に対するケーススタディ,” 日本音響学会講演論文集, 1:415-416, 2003.
105. 安啓一, 菱谷誠人, 荒井隆行, 村原雄二, “ディジタル補聴器のための臨界帯域圧縮アルゴリズム, ”電子情報通信学会技術報告, SP2002-102:41–45, 2002.
106. 安啓一, 菱谷誠人, 荒井隆行, 村原雄二, 篠原拡士, “ディジタル補聴器のための臨界帯域ごとの周波数圧縮法,” 日本音響学会講演論文集, 1:379–380, 2002.

〔紀要等 計 1 件〕
107. S. Hirai, K. Yasu, T. Arai and K. Iitaka, “Perceptual Weighting of Syllable-Initial Fricatives for Native Japanese Adults and for Children with Persistent Developmental Articulation Disorders,” Sophia Linguistica, 53:49–76, 2005.

特許


    受賞
    日本音響学会 粟屋潔学術奨励賞 受賞 (2012/3)
    日本音声学会 優秀発表賞 受賞 (2012/9)
    日本音響学会 学生優秀発表賞 受賞 (2011/3)
    日本音響学会Acoustical Science and Technology誌投稿推薦(2010/9)
    日本育英会(現JASSO)奨学金返還免除対象者に選出
    (免除期間 2004年4月−2005年3月)
    国際補聴器学会(IHCON2004)にて学生奨学賞を受賞(渡航費支給) (2004/8)

    外部資金取得
    科研費(研究代表者)
    若手研究 (B) 課題番号:15K16414
    吃音における構音のフィードバック制御機構の解明
    (研究期間 平成 27 年度~平成 29 年度)
    科研費(研究分担者)
    基盤研究 (A) 課題番号:16203041
    コミュニケーション障害者に対する支援システムの開発と臨床現場への適用に関する研究
    研究代表者 外国語学部 進藤 美津子 (研究期間 平成 16 年度~平成 19 年度)
    基盤研究 (C) 課題番号:15530629
    音韻障害児の音韻情報処理特徴の解明と学習支援方法の開発および実用化の研究
    研究代表者 外国語学部 平井 沢子(研究期間 平成 18 年度~平成 20 年度)

    その他
    2005年度上智大学学内共同研究 研究分担者
    平井沢子, 安啓一, 荒井隆行, 飯高京子, “発達性音韻障害児の言語発達特徴の解明と早期診断プログラムの開発および治療への応用”

    以上